仮想通貨は今後
どんどん市場を拡大していく
非常に期待のできるもの。
と、します。


ただ、もちろん
仮想通貨の将来性と
あなたの利益は
また別物です・・・



あなたが仮想通貨に
投資していく上で

具体的に
どのようにして、
仮想通貨投資を
行っていけば良いのか?


と、その前に
多くの人が間違ってしまっている、
“ダメな”仮想通貨投資の
実態を見てみましょう。


さて、現状の
仮想通貨投資では
ガチホ」をする人が
非常に多いです。


仮想通貨を持っている人は
聞いた事がある
ワードかもしれません。


「ガチホ」とは
ガチガチのホールドの略称で、
上がっても下がっても
ずっと保有し続ける

という意味です。


これまでの仮想通貨は、
10倍や100倍といった
例が存在していた為

リスクの少ないとされる
ガチホが推奨されていました。

ですが、これはもう
過去の話です。


2018年以降
ガチホをして勝っている人は
ほとんどいません。



その理由はなんでしょう・・・?


実は、いま
仮想通貨市場の
全体の時価総額が
増えていないからです。




時価総額とは、
全ての仮想通貨の
トータルのお金の量のことです。



2017年末までは
これがずーっと
右肩上がりだった為、



仮想通貨の価格は
なにを買っても
上がり続けていました。




しかし、2018年になって
時価総額は下がっています。
(つい先日は2018年で
最低の記録を出しました・・・)



時価総額が下がると、
なにを持っていても上がる。

という事にはなりません。



そういった事を考えると
今、ガチホはする意味がないので
私は推奨しません。




この先、また、
時価総額が
上がるならいいじゃん?!



と、思う方もいると
思います。



ですが、
仮想通貨に将来がある
というのは



あくまでも、
高確率でそうなる
可能性が高い


という事なので




ガチホでは
もし、そうならなかった
時のリスクマネジメントが
出来ません。



そのため
今から、仮想通貨で
資産を増やしていくには
間違いなく、



中期でトレードを行い、
上がれば利確をする。
というのが、良いです。




中期トレードってどのくらい?
かと言うと、



だいたい数日~数週間
の間で買って売ります。



中期トレードの場合
万が一に



また「コインチェック事件」
のような事が起きた時にも




すぐに、
ロスカットする事で
被害を最小限に
抑える事ができますし、




この先に仮想通貨の
将来が来なくても・・・
それを察知して売る事ができます。



投資をする上では
そういった
「リスクマネジメント」が
非常に重要です。



なので、私は
リスクマネジメントが一切できない
「ガチホ」よりも
しっかりと利益を取って




かつ、リスクマネジメントが
できている「中期トレード」を
推奨します。





では初心者が
この中期のトレードを
行うとどうでしょう?





厳しいですが、
結果は惨敗で終わります。




ではなぜ惨敗してしまうのか?



その理由はとても単純で、
トレードの知識がないからです。




実は、仮想通貨での
中期トレードの投資では、


ある一定のポイント
抑えることで簡単に
勝てるようになります。




「本当に簡単なの?」
「絶対、嘘でしょ」


と思いますよね。



ただ、仮想通貨の値動きは
とても正直なものなので
そのポイントを押さえるだけで


本当に”簡単に”
勝てるようになります。