手口を元側近が告発サロン生を食い物に

月会費30000円で5000人の会員を持つ
投資系オンラインサロン主催者の
KAZMAX氏の批判記事が
週刊文春に取り上げられました。

これまで圧倒的な人気を誇り
サロンの売上は年18億円
資産は50億円以上になっていましたが
今回はさすがにファンを
減らすことになりそうです。



週刊文春は一体何を報じたのかというと
KAZMAX氏が5000人の会員さんに
買いサインを流す前に
身内グループに「サロン砲撃ちます」と
メッセージしていたというのです。

自分や身内が先に買って
サロン生の金で値段をつり上げ
上がったら売り抜け、手堅く儲けるという
古典的な方法をしていたのです。

株でこれをやると違法なのですが
仮想通貨の場合は
今のところ合法になっています。


というわけで、合法なのですが
信頼性ダウン、カリスマ性ダウンは
避けられない状況で
会員数はかなり減りそうです。

とは言っても、KAZMAX氏の
投資の実力は一流だと思いますので
実は今回のことは気にせず
ついていく人が正解かもしれません。

芸能人有名人はスキャンダルがあると
全てを否定されてしまいがちですが
それはそれ、これはこれと
考えてもいいかもしれないですね。


ちなみに仮想通貨の価格操作は
よく聞く話で、私の元にも
インサイダーらしき情報がきたりします。

しかし、嘘が多い世界で
私が買う時はすでに時遅しで損をして
むしろ私がカモにされていたりします。

親しい人からの情報でも
損したりするので見極め不能です。


PS:(参考 文春オンライン)
KAZMAX氏の本名は吉澤和真。
1989年、千葉県生まれで明治大学の出身だ。
2013年に実家が経営していた会社が倒産したことをきっかけに、
株、FX、先物等を中心とした専業トレーダーになった。
その後に仮想通貨取引を始め、一発当てたというわけだ。