貧困層と富裕層の二極化が進んでいる

 

今後貧困層と富裕層の

境目を大きく分けるのは

 

今ある資産を増やす努力をしているか、

現状に満足して稼いだお金を

ただただ貯蓄に回すか、

 

です。

 

例えば、数年前にビットコインを

購入していた人は億万長者です。



しかし、

 

 

「ビットコインなんて怪しい」

 

 

といいながら保守的になり、

その存在について調べもしなかった人は

そのチャンスをみすみす逃して

しまったという訳です。

 

 

極端な例ですが、

富裕層と貧困層の大きな違いは

その行動力にあります。

 

 

ご存知の通り、日本は少子化が進み

これまで通りのスタイルで年金を

受け取ることはほぼ不可能といって

間違いないでしょう。

 

 

仮に現状のスタイルのまま

年金を受給される年齢になったとしても

年金だけで人生を謳歌するのは

わたしは厳しいと思いますが

あなたはどう感じますか?

 

 

また、こうした時代の変化に気づかず

苦労してためた貯蓄を切り崩しながら

ほそぼそと暮らしていくのは

不安ではありませんか?

 

 

国は税制面で優遇されている

NISA等を投資対象として

推奨しています。

 

 

端的に言いますと、

国が投資を進めている、

ということです。

 

 

■国が投資を推奨

 

 

貯蓄がたんまりある方は別ですが

貯めるより資金を投資にあてた方が

少なくとも将来資金は増える

可能性があります。

 

 

しかし、貯めるだけでは

現状の金利を考慮すると

数時間バイトをした方が

効率がいいレベルです。

 

 

あなたが汗水垂らして

稼ぎ出したお金に、

チャンスを与えないのは

もったいないと思いませんか?

 

 

ラッキーなことに、

今現在の投資対象は

仮想通貨を初めに数年に一度の

バブルを向かえているものが

数多く存在します。

 

 

くどいようですが、

貯蓄だけではお金は増えません。

 

 

http://toushi-kawaraban.com/