速報です。


仮想通貨取引所を運営する
ビットポイントジャパンが、
約35億円分の仮想通貨を
不正流出したと発表しました。


*BITPOINT公式サイトお詫び文
https://www.bitpoint.co.jp/news/


流出の状況としては、
ビットポイントジャパンの
仮想通貨取引システムにおいて
昨夜エラーが検出され調査を開始。



その結果、ビットポイントジャパンが
管理するホットウォレットに保管している
仮想通貨の不正流出が判明したとのことです。


ビットポイントジャパンの親会社である
株式会社リミックスポイントによると、
流出額は現段階の概算で約35億円。


内、お客様からの預かり分は約25億円。


ビットポイントジャパン保有分は約10億円。


その他の詳細は分かり次第
速やかに公表されるとのことです。


*当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/


ビットポイントは、
情報セキュリティ格付会社である
株式会社アイ・エス・レーティングの
情報セキュリティ格付けにより
「A(シングルエー)」の格付けを
取得していました。


この格付けは、実際にネットワークに
接続されているシステムに対して
ホワイトハッカーが侵入を試みる
というテストを基準に格付けされます。


しかし、その基準をもってしても
今回またもやホットウォレット
狙われてしまったようです。


おすすめのハードウォレット
USBメモリ形式 Ledger Nano S
ハードウォレットLedger Nano S
仮想通貨を取引所ではなく専用の財布に保管しておく
詳 細

hardwarewallet-japan
ハードウェアウォレットジャパン