株式会社みずほフィナンシャルグループは
2月21日、ブロックチェーン技術を活用した
「個人向けデジタル社債」の発行と
システム基盤構築に向け実証実験を発表しました。

近年このブロックチェーン技術は
さまざまな分野で応用されています。



この実証実験には
みずほ銀行やみずほ証券、
Blue Labも参加して

ヤマダ電気やオリエントコーポレーション、
ファミリーマート、岡三証券グループ
松井証券、楽天証券などの
大手企業が協働で実施するようです。

実証実験の具体的な内容としては
4社が発行体となる社債の起債から
償還までの一連の過程を対象とし、

ポイントの付与等やさまざまな特典を
提供することによる投資家への訴求力、

スマートフォンやタブレットでの
社債のオンライン販売の効果などについて
実証するようです。

近年このブロックチェーン技術
さまざまな分野で応用されています。

ブロックチェーン技術で代表的なもので、
もしくはその存在のおかげで
「ブロックチェーン」という言葉の知名度が
高まったといって過言ではないのが仮想通貨ですね。

「仮想通貨のバブルは弾けた」

と言われていますが
果たしてそうなのでしょうか?

日々、ビットコインチャートは
変動し注目され、更なる期待感を
感じさせています。

また多くの専門家は
仮想通貨の値上がりを予想し
2019~2020年には価格も上昇し、
復活の兆しも見えています。

また仮想通貨は海外を中心に急速に広まり、
現在日本人の10人に1人は仮想通貨を保有している
と言われています。

なぜなら、日本の大手企業も活用するほどの
ブロックチェーン技術と融合した
有望性の高いデジタル通貨だからです。

ですが残念なことに新しいものに
つい抵抗を持ちやすい日本人には
危険なものとされ敬遠されてきました。

それでも仮想通貨の値上がりを予想し
いち早く投資した人こそ
「億万長者」になっているのです。

仮想通貨のバブルは
まだ弾けたとは言い切れません。

むしろ仮想通貨の市場規模を
考えると今後拡大していく
可能性を十分に持ちえます


現時点で仮想通貨に興味を持ったあなたは
時代の波に乗り、大きな資産構築の
チャンスを掴もうとしています。

仮想通貨長者.com