仮想通貨FunFair(ファンフェア)
日本でカジノが普及すれば、
ファンフェア(FunFair/FUN)への注目も高まる!?

ギャンブルやカジノは、世界的に広く親しまれている娯楽の一つ。

日本ではあまり浸透していませんが、カジノ法案により今後注目を
集めることが期待されます。

その際、カジノに特化した仮想通貨の価値も高まるかもしれません。


競馬などはネットで馬券購入などができるようになりましたが、
実はこうしたギャンブルの娯楽が仮想通貨のプラットフォームで
可能になっているのです。

そのような先進的な試みを実践しているのが、
仮想通貨「FunFair(ファンフェア)」です。


特徴は、
イーサリアムのスマートコントラクトを用いたカジノのプラットフォーム。
カジノ市場をターゲットにし、2017年6月に公開された仮想通貨です。

カジノ好きだけでなく、カジノに興味がある人、ギャンブルが好きな人など
さまざまな人が注目しています。

イーサリアムのスマートコントラクトを応用することで、迅速で公正なカジノを運営。

ユーザーはオンラインカジノのチップとしてトークンのFUNを購入し、
開発者はFUNで支払いを受けることができます。


将来性は、
それぞれのアルトコインが売りにしている主な機能は、ブロックチェーン上で
ドキュメントを取り扱うことができるスマートコントラクト、
またユーザーのパソコンの空きストレージを提供するファーミングなどがあります。

このほかにもトランザクションの秘匿性を高める機能やブラウザの利用で
報酬を受給できるサービスなども。

その中でもファンフェアは娯楽色の強い機能であり、
今後の需要増加は十分に見込めます。


価格は?
ファンフェアの時価総額は2017年12月時点で
2億5,6500万米ドル(およそ29億円)、となり、
ランキングでは76位に位置している優良仮想通貨です。

円相場は1FUNあたりおよそ6~7円と、
他の仮想通貨に比べると買い求めやすい金額。

しかし公開直後は1円程度だっため、そのときと比較すると
6倍程度まで高騰していたことがわかります。


取扱店舗は?
ファンフェアを扱う国内の仮想通貨取引所は、現段階ではまだありません。
しかし、いわゆる「カジノ法案」が可決され、カジノを含む複合観光施設の
建設への動きがみられていています。

娯楽の一つとしてカジノが日本でも普及することで、カジノ関連の
仮想通貨を取り扱う取引所も増えてくることが期待できるでしょう。

海外では下記の取引所から取引することができます。

ファンフェア(FunFair/FUN)を取り扱う海外の取引所

Binance(バイナンス)公式サイト

『bitflyer(ビットフライヤー)』でBTC・ETHを購入して、Binanceに送金します。



日本でカジノが普及すれば、ファンフェア(FunFair/FUN)への注目も高まる!?
 
日本ではあまり浸透していませんが、
カジノ法案により今後注目を集めることが期待されます。
その際、カジノに特化した仮想通貨の価値も高まるかもしれません。
 
またファンフェアは安価で購入することができるため、カジノに興味がある人は
楽しみの一つとして持っていてもよいかもしれません。