ERC20というのは、仮想通貨やトークンではありません。

ERC20は、イーサリアム(Ethereum)の技術を使って、
新規にトークンを発行(ICO)するときに採用される、
統一の基準・仕様のことを指します。

もっと簡単にまとめると、ERC20は、
『Ethereumでトークンを作るためのルール』のようなものです。


ICOで資金を調達するためには、トークンの売り出しが行われます。

しかし、ICOをするトークンそれぞれの技術仕様が、
バラバラで毎回違うものだった場合、トークンを審査する取引所側も、
お金を出してトークンを購入・保管する投資家側も、
色々と労力を費やす必要が生じてきます(後述)。


また、当然ながら、開発者側も独自でウォレットを開発しなければならず、
負担が大きくなります。


そこで、同じ仕様を組み込んだトークンを発行することで、
みんなの手間を減らそうという、非常に合理的な理由で開発されました。

 
ERC20という名称は、
『Ethereum Request for Comments: Token Standard #20』を
省略したものです。

イーサリアムについて議論する場所があるのですが、
そこの議題20番目ということで、ERC”20”となっています。


トークンの技術仕様を揃えないとどうなるのか?

ICOでトークンを発行するために一番使われているのは、
Ethereumになりますが、Ethreumは、ETHとは別に、
独自の仮想通貨・トークンを自由に発行できる仕組みがあります。


ICOで資金調達をしたい人は、この仕組みを使って自分でトークンを作り、
投資家に対してETHと交換でトークンを引き渡します。


このときに審査が行われるのですが、
毎回トークンの仕様・コードが異なったものを審査しないといけなくなると、
審査する人も、毎回そのトークンのプログラムに欠陥がないか、
悪意のあるプログラムが組み込まれていないか、といったことを確認する
必要があります。


また、トークンを購入しようと考えている人にとっても、問題が生じます。

ほとんどの人は、トークンのコードに問題がないかを判断するだけの
知識がありませんし、あったとしても、それをいちいち確認しているほど
時間がある方というのはなかなか存在しません。

そうなると、トークンの安全性がわからないため、
詐欺などの可能性を疑って、なかなか購入には踏み切れません。

さらには、開発者側にとっても不便な自体が生じます。ICOをする場合、
新しいコイン(トークン)を配るためには、そのトークンを保管しておく
ウォレットが必要です。


しかし、往々にして、仮想通貨やトークンで使われるプログラミング言語や
仕組みがバラバラなので、ウォレットの互換性がありません。


ですので、仮想通貨・トークンごとに、それぞれ対応したウォレットを
用意する必要があります。

そのため、統一された技術仕様がないと、
各開発者は、ウォレットのコードをどうするかなどに頭を悩ませ、
ウォレットの開発に多くの時間を取られてしまいます。

 

このよう、各自がバラバラに動いていると、誰も得をしないということで、
トークンについての議論がなされました。

その結果、最低限必要な機能や、用語、注意事項などを標準化して、
みんながそれに従うことになりました。それがERC20です。

ERC20に対応したウォレットはすでに開発されているので、
そのウォレットを使うことで、ERC20の規格に適合したさまざまな
トークンを保管することができます。

利用者からしても、たくさんのウォレットを作る必要がありませんし、
開発者側からしても、ERC20に適応したトークンを提供することで、
投資家に安心感を与えることができるので、ERC20の利用は増えています。

下のサイトでは、Ethereumを使って発行されたトークンについて
確認することができます。

2017年12月時点で20,000を超えるERC20トークンが発行されています。



PS

ERC20とmosaic
 
この2つはどちらもトークンの仕様で、
ERC20はEthereum用の仕様、mosaicはNEM用の仕様となります。

ですので、
ERC20はEthereum用のウォレット・アドレスでしか受け取れませんし、
mosaicはNEM用のウォレット・アドレスでしか受け取れません。

ただ、NEMよりEthereumのほうが知名度や海外での普及率が
高いので、その点がのちのち有利になる可能性はあります。