「本当に暗号通貨が主流になる時代が来るのか?
 規制とか大丈夫なのか?」

という心配があったからかなぁと思うのですが…

結論から言えば、
「主流になる」 と、想定されます。


あの大手企業も暗号通貨業界に参入!?


それがなぜかと言うとやはり大企業の動きが顕著だからです。

最近だと、サムソン電子がビットコインマイニング用に
ASICのチップの製造を開始したり以前もお伝えしましたが
LINEが暗号通貨業界に参入してきました。

LINEなんて
日本人のほとんどが使ってると言っても過言ではないですし

LINEが暗号通貨に対応すると
LINE PAYで暗号通貨を使ってお店で支払いなどができると
いうことなので

それがきっかけで多くの店舗なども導入してくると思います。

ちなみに
LINEは独自のコインを発行する気はないそうです。


他に言えば
大手フリマアプリのメルカリも暗号通貨決済を進めているそうですし

三菱UFJフィナンシャル・グループも
独自の「MUFGコイン」を作っていまテスト中ですし

みずほフィナンシャルグループも「Jコイン」などを開発中です。

これだけ大手企業が次々と業界に参入してるわけですし


そもそも暗号通貨の特徴として

・決済手数料が安い
・決済スピードがはやい

という時点で
国内大手企業はもちろん飲食店やデパートなどにも
メリットがありますし

一般消費者にとっても
キャッシュレスでサッと支払いができるわけですから
お互いwinwinで便利ですよね。


つまり…

暗号通貨はまだまだこれからです。

むしろ、いまこの記事を読んでいるみなさんは
一般の人より暗号通貨に詳しくしかもよく知識がある
という状態なんです。

一般の人は、まだまだ

「ビットコインね!知ってる!」というレベルです。

だからこそ、この記事をご覧になられている
あなたにはこの暗号通貨の大きな波を
逃してほしくないんですね。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で